やまだ歯科医院

やまだ歯科医院|千葉県花見川区幕張の歯医者

HOME 初めての患者さんへ 診療案内 院長・スタッフ紹介 予防グッズ 求人情報

 

HOME»  義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

入れ歯が必要な理由



入れ歯が必要な理由

 

 

生涯、自分の歯だけで過ごすことができれば言うことはありません。しかし残念ながら、多くの場合は虫歯や歯周病のために歯を抜いたり、歯ぐきが弱って歯が自然に抜けたりしてしまいます。そうした時に、第二の歯となるのが「入れ歯」です。

もし入れ歯を使わなかったらどうなるのでしょうか?

食物を噛む能力が落ちて、食べ物がしっかり噛み砕かれないまま胃に食べ物が送られてしまい、胃腸などの消化器官に大きな負担をかけることになります。また、歯と歯に隙間ができることで発音が難しくなり、話しづらくなるでしょう。そして歯が残っている側だけで噛んでいると口元や顔全体がゆがんでくることもあります。このような事態を防いで、快適で健康な生活を送るためにも、歯が抜けてしまったらそのままにしておかずにできるだけ早く入れ歯を作りましょう。

※義歯が壊れてしまった方は、早急にご来院ください。

 

 

入れ歯の種類

レジン(樹脂)

保険診療

 

保険の範囲で製作するため安価です。しかし使用できる材料やデザインに制限があります。すべてがプラスチック製になっている。

 

 

レジン(樹脂)

 

 

金属床義歯

自由診療

 

床部分が金属で作られている入れ歯です。使用する金属にはゴールドチタン・コバルトなどさまざまな種類があり、レジンよりも薄く作ることができます。装着時の違和感が少なく、食べ物の温冷もはっきりと分かります。

 

 

金属床義歯

 

 

ノンクラスプデンチャー

自由診療

 

ノンスクラプデンチャーは、弾力性のある新素材を使用した新しいタイプの入れ歯です。素材が柔らかく、支えの金属が不要なため、セラミックハイブリッドレジンなどの白い差し歯を入れても傷つける心配がありません。
※症例によってはお受けできない場合があります。

 

 

ノンクラスプデンチャー

 

 

入れ歯の種類

区分 保険 自由診療 自由診療
名称 レジン全部床 金属全部床
(コバルト)
レジンソフトタイプ
材質
合成樹脂

合成樹脂と金属

合成樹脂のハードとソフト
快適性
床が厚い

床が薄くできる

ソフトな感覚で痛くない
耐久性
金属床より劣る

壊れにくい

定期的なメンテナンスが必要
熱伝導性
冷たい熱いが、わかりにくい

冷たい熱いが、わかる

冷たい熱いが、わかりにくい
汚れにくさ
違和感
利点 治療費が安い 強度がある 痛くなく、良く噛める
治療代
保険適用可

保険適用外

保険適用外

 

お問い合わせはこちら